JP177_72A

紹介予定派遣のしくみ

見極める

派遣にも種類がありますが、紹介予定派遣というのは、正社員また契約社員として雇用を前提に、一定期間試験的に派遣スタッフとして働き、企業が採用を望んだ場合、また派遣として働く側が正社員登用を望んだ場合、正社員として雇用されるという派遣です。
正社員になる前に、企業側は従業員としての資質を見ることができ、従業員側は、働く場として自分に合っている職場かどうかを検討できる仕組みです。

働いてみてこんなはずじゃなかった……と思うのでは転職回数も多くなりますし、また一から派遣、パートなど転職を考えなくてはなりません。
企業ももっと能力があると思った……と感じても、おいそれと首にすることができませんので、こうした紹介派遣制度を利用する企業も多くなっているのです。

紹介予定派遣のメリットとデメリットを知っておこう

紹介予定派遣のメリットは何より企業と人材のミスマッチを防ぐことができるという点です。
企業も働く側も、その企業で働く経験ができ、その働きぶりを見ることができるため、必要な人材かどうか、自分に合った雇用先となるのかを経験した上で判断できます。

未経験の採用についても、企業側が経験を積んでいくことで戦略となるかどうか判断できますし、未経験者にとっても仕事を継続できるかどうか判断できます。
派遣の中で未経験でもOKという募集が多いのも、紹介予定派遣のメリットです。

仕事を実際にこなすことで企業側に自分のビジネススキルをみてもらう事が出来るので、書類上、資格上ではなく実際に働く姿をみてもらい判断してもらえるというメリットもあります。
書類上ではそれほど能力があると感じない、でも実際に働かせてみたら高い能力を持っている人だったということもかなり多いのです。

正社員として安定した雇用につきたいという方に向いている紹介予定派遣

安定した雇用となればやはり正社員です。
いつか正社員として雇用されたいという希望をお持ちの方に、紹介予定派遣はメリットの高い選択となるでしょう。

経験がなく正社員を希望して募集に応募しても、経験がなく実力が未知数なので書類上選考から落とされるという事も多い就職、転職業界です。
こうした状態で雇用の機会が得られないという方は、紹介予定派遣を利用し、自分に合った職場を探すのもいい事です。
企業にとっても本当に企業の力となる人材を探す事が出来るため、紹介予定派遣は、働く側、雇用する側双方にメリットがあると考えていいでしょう。