AD036

SE・プログラマ

若い世代に人気の職業

SE・プログラマのSEとはシステムエンジニアです。
システムエンジニアは情報システムの設計を行います。
クライアントから依頼された事を的確に把握、判断し、クライアントが望む形に情報システムを設計士、抗筑前工程を管理するのもシステムエンジニアの仕事です。
プログラマはシステムエンジニアが作ったシステムの設計書に基づいてソフトウエア開発などを行います。

いずれもIT系なので特に若い世代に人気の職業です。
SE・プログラマとして派遣で働く際には、国家資格の情報処理技術者試験やJavaプログラマ、さらに基本情報技術者試験などの資格を取得しておくと時給なども高くなり、派遣先も広がります。

SE・プログラマの派遣の時給はどのくらい?

システムエンジニアとして働く場合、Web・オープン系、データベース系、さらに制御、組込系など作業が分割されていることが多く、その系統によって時給が少々違います。
Web・オープン系が一番高く、時給2300円くらいです。

データベース系で2200円位、制御・組込系も2200円位です。
プログラマもだいたい2200程度と考えておくといいでしょう。
派遣先によっても時給に違いがありますが、一般的に2000円から3000円位と考えておく方がよさそうです。

派遣で働くメリット・デメリット

こうした仕事を行う方の多くは、現場が好きという人です。
プログラムを作ったり、開発に携わるなど常にパソコンをいじっていたいという方がほとんどでしょう。

企業に属した場合、その企業で次第に部下が出来てクライアントと交渉する事もあり、事務処理仕事が多くなり、最終的に管理職となります。
派遣は一生現場となりますので、ずっと技術を駆使していきたいと思う方は、派遣という働き方は大きな魅力です。

企業のルールに縛られたくないという方にとっても派遣は魅力的です。
自分のライフスタイルに合わせて働くことができる、しかも、腕がいい、経験や実績が高いという事も派遣の中で時給に活かされていくので、実力が高い人ほど企業のルールに縛られず仕事する方が気持ちよく仕事できるでしょう。

正社員との違い

現在、多くの派遣会社が社会保障制度などしっかりしていますので、昔のように正社員にならないと社会保障制度を受けることができないなどはありません。
正社員との大きな違いは、やはり賞与などがない、また働く時間や期間を自分で自由に変えることができるので、さぼろうと思えばいくらでもさぼる事ができ、それが年収に直結するという点でしょう。
頑張れば年収も高くなり、頑張らなければ年収は少なくなる、つまり、自分に厳しくいられる人じゃないと派遣でSE・プログラマとして活躍するのは難しいと考えられます。