JP184_72A

Webデザイナー

技術者としての要素が大切

Webデザイナーも派遣としての仕事がたくさんあります。
インターネットが走りの頃にはちょっとWeb系の技術を持っていればWebデザイナーとしての仕事がありましたが、今は技術もかなり高くなっていて制作ソフトを少しいじれる位の技術では仕事になりません。

CSSなどを利用しページデザインやコーティングができるという技術などが当たり前のように求められています。
今はネットによる販売促進や戦略が必須の時代となっているためWebデザイナーの需要が高くなっていますが、派遣として働くためには実力をしっかり持っておくことが必要不可欠です。
ホームページを扱う企業が多くなっている中、迅速にWebサイトWebデザイナーをデザインできるセンスと技術を持っていること、また一人で仕事をするのではなく派遣先で仕事をこなすことになりますのでコミュニケーションを大切にできる人材が求められています。

Webデザイナーとして派遣で働く際の時給相場

Webデザイナーとして派遣で働く場合、その時給相場は一般的に1700円位からと考えておくといいでしょう。
企業の中で働く場合、経験を企業内で磨いていくことができるのですが、派遣の場合、持っている技術、知識が時給に活かされていくため、スキルアップしていくこと、また派遣としての経験や実績によって時給に差が出ます。

高い技術を持っている、評判のいい仕事をしたとなれば次回契約交渉の際、時給がアップする可能性もあります。
実力主義のIT業界なので時給をあげていきたいという場合、経験や実績を積むことに加えて新しい技術や必要な要件をこなす知識なども重要です。
このサイトでも詳しく話されています。
>>http://surviblog.com/freelance-design-fee-price/

正社員と派遣、どう違う?

企業にとって販売や広告の即戦力として活用できるWebデザイナーは大手企業ほど社内に欲しい人材として捉えられています。
そのため、派遣として働く中でも社員に欲しいという希望が寄せられることもあるのです。

企業で正社員として働く場合、通常固定給となりますので、どの程度の年収を貰えるのかによって、派遣と正社員どちらか有利か違いが出てきます。
正社員として働く場合、その企業の雇用条件に合わせて働くことになりますので、自分のライフスタイルに合わせて働きたい、自分の仕事のペースを自分で管理したいという人は、派遣の方がいいでしょう。
派遣会社に登録する事で、福利厚生、社会保障制度なども利用できるところが多くなっていますので、正社員として年収の安定を狙うか、それとも自分らしく働き高給を狙っていくか、その方の考えひとつです。