CF046

薬剤師

派遣で働く

薬剤師は国家資格であり常に需要が高い職業です。
女性に人気の資格ということで職場でも女性の比率が高いという特徴があります。
以前は正社員としての雇用が多く、その為、結婚、出産で退職されるという方も多かった職業ですが、最近は正社員雇用以外に、パート・派遣などの働き方を選択できるようになり、多くのママ薬剤師たちが復職されています。

中でも多くなっている雇用形態は派遣です。
派遣は自分の希望条件を活かして就職、転職できる働き方として、他職業でも人気の働き方ですが、最近は医療の現場でも派遣として働く人が多くなっています。
では、派遣薬剤師として働くメリット・デメリット、また時給等はどの程度になるのか理解しておきましょう。

派遣のメリット・デメリット

薬剤師が派遣で働くメリットは何よりも時給が高いという点でしょう。
パートでも薬剤師は時給が高く、パートの場合、一般的に2000円位が相場となりますが、派遣の場合、2500円位が相場といわれています。
一般的な企業の事務などのパートと比較すると格段の差です。

勤務条件を選ぶことができる働き方となりますので、ライフスタイルに合わせて働くことが出来るという事もメリットです。
様々な派遣先に働きに行くため、店舗や施設によって様々な経験を積むことができ、それぞれの店舗での仕事の違いを知る事が出来るということも薬剤師としての強みとなるでしょう。
教育制度などがしっかりしている派遣会社が多いので、スキルアップしたいと思う方にもおすすめの働き方です。

デメリットとしては薬剤師としての仕事経験がない、実績があまりないという場合、派遣先では仕事の仕方がかなり違いますので戸惑う事が多いでしょう。
新しい環境になれるのが遅い、新しい環境が苦手という方は派遣という働き方は辛いかもしれません。

正社員との違い

薬剤師として正社員で働く場合、賞与などの支給があります。
しかし派遣やパートの場合、賞与の設定がないため、年収にすると正社員と派遣の差はないといわれます。
月収は高くても賞与がないため同じくらいの年収になると考えておく方がいいでしょう。

また正社員の場合、通常、昇給がありますが派遣社員の場合、スキル、実績、能力、経験などによって給料が上がっていくため、評価が基本となります。
待遇の参考として、こちらの薬剤師派遣の求人サイトもどうぞ。
>>http://www.k-pharmalink.co.jp/

正社員のように4月に昇給があるという働き方にならないという事を理解しておくべきです。
通常派遣会社でも最近は福利厚生がしっかりしているところが多くなってきているので、その点は正社員とそれほど変わらないと思いますが、交通費支給がないという所も多いので、派遣登録の際、勤務先が自宅から近い、何駅以内と決めて登録しておく方がいいでしょう。