JP081_72A

証券外務員

エリートである

バブル絶頂期には多くの新卒大学生が証券会社に就職を求めたものです。
有名大学の新卒学生の多くが証券会社で働くことを求め、雇用された方はエリートとして結婚相手として高い人気を誇るほどでした。

現在は昔ほどではありませんが、やはり証券会社勤務というとエリートというイメージがあります。
銀行や証券会社で証券業務を遂行する仕事をこなすのが証券外務員です。
有価証券の勧誘を行ったり、実際に売買したり、お客様へ証券・株式の専門的知識を駆使して対応する等、頭を使う職業です。

証券外務員として活躍するためには必要な資格があります。
外務員資格試験です。
この試験には種類があります。

外務員資格試験は取り扱う金融商品によって違う

国債や株式、公社債などの現物を取り扱う事が出来る外務員資格が二種です。
これに加えて信用取引ができるのが信用取引外務員となります。
更に先物取引など、有価証券すべての金融商品の取り扱いができるプロフェッショナル資格となるのが、一種外務員資格となります。

認められた金融機関等に勤務している場合、銀行や信用金庫などの一部金融機関を取り扱う資格があり、この資格が特別会員資格といい、一種、二種、さらに四種があります。
特別会員資格は各金融機関の商品についての資格となるので銀行などの金融機関に勤務している人以外、受験資格が与えられません。

資格を取得しているだけでは活動できない

様々な外務員試験の中で必要な資格を取得したとしても、ただ取得したというだけでは証券外務員として活動できません。
金融商品取引業者にかわり職務を遂行するため、外務員個人、さらに所属している金融商品取引業者についても責務があるため、国に外務員申請を行い登録された人材以外、活動出来ないのです。
そのため証券外務員には登録制度があり、国によって委任された日本証券業協会へ外務員資格保持者として登録し、初めて活動できることになります。
また登録後、様々な商品について最新情報を得ておくことが必要となるため、更新研修を受講する事も証券外務員としての必須事項となります。