テレフォンオペレーター

受信業務と発信業務

テレフォンオペレーターはコールセンターなどで働く仕事です。
派遣の場合、コールセンターに派遣されそこでお仕事をこなすことになります。
通常、商品受付や問い合わせ苦情処理など商品やサービスについて対応する業務です。

受信業務と発信業務という業務に分かれます。
受信ではお客様からの電話、ファックス、メールなどに対応する業務で、カスタマサポートなどとも呼ばれることがあります。
業種によって必要なスキルがありますので、スキルに合わせて派遣先を探し、派遣先で仕事する事になります。

発信業務ではアンケート調査など電話を通じてデータを集めるなどの情報収集が主な仕事です。
仕事内容が派遣先によって違う事と、必要なスキルが違うという事もあるので、通常派遣先で研修等を受けてマニュアル通りに作業するという形です。
テレフォンオペレーターの派遣の時給は一般的に1500円位からと考えておくといいでしょう。

未経験でもできるテレフォンオペレーターの派遣、メリット・デメリット

テレフォンオペレーターとして派遣で働く際のメリットは、通常、派遣先で研修等を行うため、未経験でもOKという企業が多いという点です。
お子さんが小さくても時間や曜日を設定して働くことができる派遣として働くテレフォンオペレーターは、復職先としても人気の職業といえます。

ただIT系のコールセンターやカスタマサポートの場合、いくら未経験でいいとはいってもまったく知識がない状態で業務する事は難しく、スキルによって派遣できるところが限られるという事もあります。
まったくの未経験で仕事ができるところもありますが、時給が高くなるIT系の技術サポートなどを行うカスタマサポートなどは経験や実績を問われることも多いです。

未経験者でもOKという派遣先の場合、ビジネスマナーやスキルを向上できるというメリットがあります。
最初はなれなくて戸惑う事もありますが、マニュアル通りに行えばいいという所も多いので、少しずつ慣れていくでしょう。

正社員との違い

正社員は月収が固定となっていますのでお給料が不安定になるという事はありません。
賞与があるところもありますので、年収にすると正社員の方が高くなります。
安定して働きたいという場合、派遣会社の方に正社員登用があれば希望すると伝えておくといいでしょう。
福利厚生についても利用できないことが多いのですが、社会保障制度などは派遣会社の方で利用できるところが多くなっているためそちらを利用するようにしていくといいでしょう。